Wordの文書の文字数を数える3つの方法プラスおまけ

「〇文字以内で書いてください」とか文字制限がある書類がある時、あなたはどうしていますか?いちいち数えるのは大変ですよね。Wordには文字を数えてくれる便利な機能があるんですよ(^^♪今回は、Wordを使っている時に、文字数の数え方をお伝えします。

「校閲」タブの「文字カウント」を使う方法

「校閲」タブをクリックします。

「文字カウント」をクリックします。

すると、文字カウントの窓が出てきます。

「単語数」と「文字数」の意味

「単語数」が45で、「文字数」が48。

???

どういう意味??

これは、例えば、「book」という文字は、

「文字数」は「4つ」、「単語数」では「1つ」という意味です。

ショートカットキーを使う方法

次に、ショートカットキーを使う方法です。

Word文書の中の任意のところで、

「Ctrl」(コントロール)と「Shift」(シフト)を「G」を押すと

この窓が出てきます。

ところで、「この3つのキーを一度に押すのは大変なんですが」

と言われました。

そうですね。

私もそうです。

一度に押さなくても大丈夫です(#^.^#)

「Ctrl」(コントロール)を押して離さずに「Shift」(シフト)も押さえながら

「G」を押すといいですよ(*^-^*)

ステータスバーで確認する方法

他に、Wordの左下のステータスバーで確認する方法もあります。

ここです。ここに、「文字」が「45」だと出ています。

それだけでもいいのですが、

その「45文字」のところをクリックしてみてください。

ほら、あの窓が出てきました。

おまけ(^_-)-☆ 指定した部分の文字数を数える方法

今までは、そのページの文字数を数える方法でしたが、

ページの中の一部分だけ、文字数を数える場合をお伝えします。

文字数を数えたい部分をドラッグします。

そして、次に先ほどお伝えした3つの方法のどれかをすれば

この画面が出てきます。

3つの方法とは

「校閲」タブの「文字カウント」を使う方法

ショートカットキーを使う方法

ステータスバーで確認する方法

この3つです。

まとめ

Wordの文書の文字数を数える3つの方法とは

1.「校閲」タブの「文字カウント」を使う方法

2.ショートカットキーを使う方法

3.ステータスバーで確認する方法   です。

知らなかったことが分かると、とても嬉しいですね(^^♪

ところで、何枚にもわたる書類を作り、製本する時、表紙にはページ番号を付けないで
表紙の次のページを1にして印刷したい時はありませんか?

その方法はこちらです。 ⇒⇒ Word2016 表紙の次からページ番号を簡単に付ける方法

PS.

PS.

今回の記事はいかかでしたか?

・「この記事、面白かったよ」

・「あの記事、あそこに誤字脱字があったよ」

・「今度、これを記事にしてほしい」

・「ウチの子(や、お孫さん)、こういうところが可愛くって!」

・「特に何もないのですが、メールを送る練習をしました(笑)」など

ほんの些細なことでも大丈夫です。

山田ゆりにメールください。(*^_^*)

 

お問い合わせはこちらから

ブログランキング

 

ボタンをクリックして応援していただけると励みになります(*^^*)

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする