Excel そこに年月日を入力するだけで 別の欄に、一年前の年月日が自動で表示される方法

こんにちは。山田ゆりです。

前回は、Excelで、日にちを入れるだけで

「年月日と曜日と『現在』」が表示される方法をお伝えいたしました。

それはこちらの記事になります。

今回は、それを踏まえて、

そこに年月日を入力するだけで

別の欄に、一年前の年月日が自動で表示される方法をお伝えいたします。

つまり、完成形はこちらになります。

では、始めましょう。

B2とB8のそれぞれのセルの書式設定をします。

B2のセルもB8のセルも、それぞれ同じ書式設定をします。

そのやり方は以前の記事に書きましたので、

その記事を参考にしてくださいとしようと思いましたが、

いつもご覧いただいているあなたのために、一応、再掲いたします。

では。

下の表でいくと、B2とB8のセルに書式設定をします。

この方法は、以前の記事と同じ方法です。

では、やってみましょう。まずは、B2の設定からです。

B2で右クリックして「セルの書式設定」をクリックします。

表示形式」タブの「ユーザー定義」をクリックします。

「種類」の窓枠の中に、次の文字を入力します。

下の文字をそのままコピーして

「種類」の窓枠の中に貼り付けて下さい(*´▽`*)

[$-ja-JP]ggge”年”m”月”d”日”(aaa)”現在”;@

貼り付けたら下の「OK」をクリックします。

以上で、B2の設定が終わりました。

次に同じ方法でB8にも設定します。

B8に関数を設定します。

次に、B2に入力した年月日の一年前がB8に表示されるように

DATE関数を設定します。

B8に次のように入力します。

下の式をそのままコピーして「fx」のところに貼り付けてください。

=DATE(YEAR(B2)-1,MONTH(B2),DAY(B2))

この式の意味は、B2の歳より1引く、月と日にちは同じ、と言う意味です。

だから、もし、2年前にしたいなら、「-1」を「-2」にすればいいのです。

いかがですか?できましたか?

意外と簡単ですね。

事務係としては、いつも、前年比較や前々年比較などの表を作っています。

そんな時、この書式は便利に使えます。

年月日だけではなく、曜日も重要な時がありますのでとても便利です。

ぜひ、使ってみてくださいね。

今回は、

そこに年月日を入力するだけで

別の欄に、一年前の年月日が自動で表示される方法をお伝えいたしました。

ながらくご覧いただき、ありがとうございます(≧◇≦)

PS.

PS.

今回の記事はいかかでしたか?

・「この記事、面白かったよ」

・「あの記事、あそこに誤字脱字があったよ」

・「今度、これを記事にしてほしい」

・「ウチの子(や、お孫さん)、こういうところが可愛くって!」

・「特に何もないのですが、メールを送る練習をしました(笑)」など

ほんの些細なことでも大丈夫です。

山田ゆりにメールください。(*^_^*)

 

お問い合わせはこちらから

ブログランキング

 

ボタンをクリックして応援していただけると励みになります(*^^*)

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする