Excel2016 計算式を隠す簡単な方法

Excelのデータを他の人に見せる時、計算式を見られたくないなぁと思う事はありませんか?今回は、Excelの計算式を隠す簡単な方法をお伝えいたします。

ここではExcel2016でお伝えします。

まず、この表を使ってご説明いたします。

拡大してみましょう。

例えば、赤い枠で囲んだ10.0%のところをクリックすると、上に計算式が出てきます。

では、「消化率」全部の計算式が見れないようにしてみましょう。

数式を見せたくないセルの範囲をドラッグします。

数式をみせたくないセルの範囲をドラッグします。ここでは、黄色の部分です。

「ホーム」⇒「セル」の「書式」の「セルの書式設定」

メニューの「ホーム」の「セル」の「書式」の右側の▼をクリックします。

▼をクリックすると、窓が開き、一番下の「セルの書式設定」をクリックします。

「保護」タブをクリックし、「表示しない」をクリックしてチェックを入れます。

そして、「OK」をクリックします。

「校閲」⇒「シートの保護」

「校閲」タブをクリックして、「シートの保護」をクリックします。

「シートの保護を解除するためのパスワード(P)」のところへ、

自分で決めたパスワードを入力します。このパスワードは忘れないようにしてくださいね。

パスワードを入力したら、「OK」をクリックします。

更に「パスワードの確認」画面が出てきますので、再度、パスワードを入力し、

「OK」をクリックします。

これで、設定が終わりました。

では、本当に数式が出ないようになったか確認してみましょう。

先ほどと同じセルをクリックします。すると、クリックしたにも関わらず上の窓枠に

計算式は表示されていないのが分かりますね?

シート保護の解除

次に、保護を解除する方法です。

「閲覧」タブの「シート保護の解除」をクリックします。

「シート保護の解除」の窓が出てきますので、「パスワード(P)」にパスワードを入力し、「OK」をクリックします。

再び数式が表示されているのが分かります。

まとめ

計算式を隠す方法は

・数式を見せたくないセルの範囲をドラッグします。

・「ホーム」⇒「セル」の「書式設定」の「セルの書式設定」で

 「保護」タブ。「表示しない」

・「校閲」タブをクリックして、「シートの保護」をクリックします。

以上で、Excel 計算式を隠す簡単な方法を終わります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

PS.

PS.

今回の記事はいかかでしたか?

・「この記事、面白かったよ」

・「あの記事、あそこに誤字脱字があったよ」

・「今度、これを記事にしてほしい」

・「ウチの子(や、お孫さん)、こういうところが可愛くって!」

・「特に何もないのですが、メールを送る練習をしました(笑)」など

ほんの些細なことでも大丈夫です。

山田ゆりにメールください。(*^_^*)

 

お問い合わせはこちらから

ブログランキング

 

ボタンをクリックして応援していただけると励みになります(*^^*)

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする