Word2016 表紙の次からページ番号を簡単に付ける方法

Wordにはページ番号を挿入できる機能がありますが、そのままの設定では、表紙が1ページ目になってしまいます。では、表紙の次のページからページ番号を挿入するにはどうすればよいでしょうか。こちらは、Word2016 で、表紙にはページ番号を付けず、その次からページ番号を付ける簡単なやり方をご説明いたします。

では、まず最初に「Wordにページ番号を挿入するやり方から始めますので、

既にページ番号を付けていらっしゃる方は、「Wordにページ番号を挿入するやり方」を飛ばして、次の目次の「表紙にページ番号を挿入しない設定」からご覧ください。

Wordにページ番号を挿入するやり方

では、4ページの文書にページ番号を挿入してみましょう。

4ページの例文はこちらになります。

大きくしますね。

まだ、ページ番号が付いていませんね。

では、始めましょう。

①「挿入」をクリックします。ここを「タブ」と言います。つまり、「挿入タブをクリックします」といいます。

②「ヘッダーとフッター」のところの「ページ番号」をクリックします。

ページ番号をどこに挿入するか、開いた窓から選びます。私は大体は、「ページの下部」を選んでいます。「ページの下部」をクリックします。

すると左側に大きな窓が出てきます。

下のどのあたりに番号を配置するのかを聞いています。

私は中央が好きなので、「番号のみ2」を選択しました。

すると、ページ番号が表示されました。

これで「Wordにページ番号を挿入するやり方」は完了です。

それでは、ここから本題の「表紙の次からページ番号を簡単に付ける方法」を始めます。

では、まず、最初の画面はこのように、1ページから4ページまであります。

ちょっと大きくしてみますね。

全部で4ページですね。

今、1ページ目、2ページ目、3ページ目、4ページ目となっています。

これを、最初の表紙にはページ数をつけず、2ページ目からページ数が始まるように設定します。

表紙にページ番号を挿入しない設定

では、表紙にページ番号を挿入しない設定をしてみましょう。

①「挿入」タブをクリックします。

②「フッター」をクリックします。

③「フッターの編集」をクリックします。

先頭ページのみ別指定」をクリックしてチェックを入れます。

ちょっと見えにくいので、画面を拡大してみますね。

チェックを入れたら、1ページ目のページ番号が消えました。

でも、2ページ目がまだ「2」のままですね。

落ち着いてくださいね。まだ、途中です。次は、表紙のページの開始番号を0にします。

表紙のページの開始番号を「0」にする

①「挿入」タブをクリックします。

②「ページ番号」をクリックします。

③「ページ番号の書式設定」をクリックします。

ページ番号の書式」の窓が開きましたね。

下の方の「開始番号」のところに「0」を入力し、「OK」をクリックします。

すると、2ページ目がページ番号「1」になり、そのあとは2、3ページになりました。

拡大しますね。

まとめ

いかがでしたか?簡単なのに、素敵なことができますね。(*^^)v
これを覚えると、冊子を作ったり、カタログやプログラムを作ったりといろいろな可能性が広がりますね。(*^_^*)
ところで、長い文章を書いたとき、「何文字書いたのかな?」と思うことはありませんか?
そんな時はこの記事 ⇒ ⇒ Wordの文書の文字数を数える3つの方法プラスおまけ をご覧ください。
記事の文字数を簡単に把握できますよ(*^。^*)
これで、Word2016 表紙の次からページ番号を簡単に付ける方法の説明を終わります。
お疲れさまでした(*^_^*)

PS.

PS.

今回の記事はいかかでしたか?

・「この記事、面白かったよ」

・「あの記事、あそこに誤字脱字があったよ」

・「今度、これを記事にしてほしい」

・「ウチの子(や、お孫さん)、こういうところが可愛くって!」

・「特に何もないのですが、メールを送る練習をしました(笑)」など

ほんの些細なことでも大丈夫です。

山田ゆりにメールください。(*^_^*)

 

お問い合わせはこちらから

ブログランキング

 

ボタンをクリックして応援していただけると励みになります(*^^*)

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする