note 「その髪型、似合うね」は必ずしも 「その髪型、僕も好き」とは限らない^^

今回は4分8秒の音声で、
「その髪型、似合うね」は必ずしも
「その髪型、僕も好き」とは限らない^^
ということをお伝えいたします。
音声と文章どちらでもお好きな方をどうぞ。

音声と文章、どちらも楽しみたい方はこちら

こちらのnoteで音声と文章を楽しめます(*´▽`*)

note は、その作品が気に入った時、
「💛(スキ)」を押してクリエーターを応援することが出来ます。

また、コメントを入力することも出来ます。

文章のみを楽しみたい方はこちら

**文章はここからです***
私は愛されています。
大きな愛で包まれています。

失敗しても
ご迷惑をお掛けしても
どんな時でも愛されています。

私は落ち込むことがしょっちゅうです。
人をねたむ時もあります。
いつも意気地なしです。

でもそれが私。
私は私の全てを受容します。

夫の急逝で私たち親子は
いろいろな壁にぶつかりながら
日々成長しています。

3人の娘たちが愛おしい。
あなた、私たちは大丈夫。

ありがとう
あなた。

おはようございます。
山田ゆりです。

今回は、
=============
「その髪型、似合うね」は必ずしも
「その髪型、僕も好き」とは限らない^^
=============
というお話をいたします。

夫と知り合った頃の私はロングヘアだった。

長女が産まれた時、
半紙に命名を書いて
隣で赤ちゃんを抱っこしている私は
まだ、ロングだった。

しかし、三女がおなかにいる時の
二人が七五三の写真の時はショートヘアになっていた。

自分から言うのもおかしいが
私はショートヘアが似合う。

美容院から帰ってくると、ほぼ
娘たちから褒められる。
夫も「似合うね」と言ってくれていた。
だからもうロングに戻す気持ちはなかった。

二女の大学の卒業式の時、
桜の花びらが舞う校門の前で
二人並んで映っている写真。

最近の私の写真の中で、一番、美しく映っている。

私は、
「もし、私が死んだら、これ、遺影に使ってね」
と家族に言った。

あとで分かったのだが、
なんとかというアプリを使ったから
いつもよりいい感じに映ったとのこと。

だから、少し、詐称しているが、まっ、いっか。
遺影なんだから少しは多めに見てほしい^^

そんな事を思いながら
我ながら美しく映った写真を夫に見せた。

私は夫に愛されている。
だから、夫もこの写真を褒めてくれる。
私にはそういう自信があった。

しかし、夫の口から出た言葉は

「俺は長い髪のゆりの方がいい」だった。

なんだ、そうだったのか。
夫もショートヘアを褒めてくれていたから
その気になっていたが
それは優しさだったのか。

夫は人付き合いがあまり上手ではない。
それは夫に忖度という言葉はあまりないから。

それだけ素直な人だということ。
そんな嘘をつかない夫を私はいつも信じている。

だから、ショートヘアにした時
似合うねと言ってくれたことを真に受けていた。

「似合う」と「好き」は違う。

その時、私は気が付いた。
言葉って難しい。

今回は
============
「その髪型、似合うね」は必ずしも
「その髪型、僕も好き」とは限らない^^
============
ということをお伝えいたしました。

本日も、最後までお聴きくださり
ありがとうございました。

ちょっとした勇気が世界を変えます。
今日も素敵な一日にしましょう。

山田ゆりでした。

◆◆メールマガジンのお知らせ◆◆

50代後半から始めたメールマガジン。
無料レポートも
特典も
ランディングページもありません。

毎日、ちょっとした気づきを
発信しています。

よろしかったら
登録をお願いいたします。

登録ページのURLは
こちらに添付いたしました。
↓ ↓
http://yuuki2.com/l/u/Z4bGUPjaVPxU6Dk5
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆ ◆ note のお知らせ ◆ ◆

私のこれまでのnote は2020年9月22日までに
マガジンに全て移行させる予定です。

↓↓有料マガジン【自分のための人生】
https://note.com/tukuda/m/m5b66808db98c
全ての移行が終わった時に値上げいたします^^

PS.

PS.

今回の記事はいかかでしたか?

・「この記事、面白かったよ」

・「あの記事、あそこに誤字脱字があったよ」

・「今度、これを記事にしてほしい」

・「ウチの子(や、お孫さん)、こういうところが可愛くって!」

・「特に何もないのですが、メールを送る練習をしました(笑)」など

ほんの些細なことでも大丈夫です。

山田ゆりにメールください。(*^_^*)

 

お問い合わせはこちらから

ブログランキング

 

ボタンをクリックして応援していただけると励みになります(*^^*)

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする