note 春になれば雪かきに替わる作業があることに今さらながら気がついた^^

今回は3分48秒の音声で、
春になれば雪かきに替わる作業があることに今さらながら気がついた^^
ということをお伝えいたします。
音声と文章どちらでもお好きな方をどうぞ。

音声と文章、どちらも楽しみたい方はこちら

こちらのnoteで音声と文章を楽しめます(*´▽`*)

note は、その作品が気に入った時、
「💛(スキ)」を押してクリエーターを応援することが出来ます。

また、コメントを入力することも出来ます。

文章のみを楽しみたい方はこちら

**文章はここからです***
私は愛されています。
大きな愛で包まれています。

失敗しても
ご迷惑をお掛けしても
どんな時でも愛されています。

私は落ち込むことがしょっちゅうです。
人をねたむ時もあります。
いつも意気地なしです。

でもそれが私。
私は私の全てを受容します。

夫の急逝で私たち親子は
いろいろな壁にぶつかりながら
日々成長しています。

3人の娘たちが愛おしい。
あなた、私たちは大丈夫。

ありがとう
あなた。

おはようございます。
山田ゆりです。

今回は、

=============
春になれば雪かきに替わる作業があることに

今さらながら気がついた^^
=============
ということをお伝えいたします。

昨年10月に夫が急逝し
除雪をしてくれる夫がいない初めての冬を
三人の娘たちと私は乗り越えた。

あの大変だった雪かきから解放され
私は安心しきっていたが
春から秋の季節に
やらなければいけない事に気がついた。

お隣から苦情が入った。

我が家の裏の庭の木に薬を散布するか
そうでなければ切ってしまえと言われた。

そうだった。
我が家のその木に時々
夫が薬剤散布してくれていた。

虫が付きやすい木らしくて
その虫がお隣に落ちるそうだ。

雪かきから解放されたと
喜んでばかりはいられないと分かった。
冬以外は、庭の木の手入れや
草取りという作業があることに
今更ながら気がついた。

これも今までは全て夫がやってくれていた。

ああ、あなたは何て素晴らしい人なの。

私たちが快適に過ごしていられたのは
夫のお陰だとなんであの時は
気がつかなかったのだろうか。

男なんだから、そんな事、
やってくれて当たり前、
そう思っていた。

労ってあげなくてごめん。

ありがとう。

生きていくっていろんなことがある。

充実した本業がある。
今までは家の中だけに注意を払っていたが
家の周りにも注意を払う季節がやって来た。

庭の木々のお世話。
草取り。
畑の片付け。
できればちょっとした野菜を植えたい。

やりたいことがいっぱい。

私に限っては、恐らくやることが無かったら
ただ年老いてしまうかもしれない。
だから、ちょうどいいのかもしれない。

人生って、なんでも
自分にちょうど良い様になっているのかもしれない。

今回は
============
春になれば雪かきに替わる作業があることに

今さらながら気がついた^^
============
ということをお伝えいたしました。

本日も、最後までお聴きくださり
ありがとうございました。

ちょっとした勇気が世界を変えます。
今日も素敵な一日にしましょう。

山田ゆりでした。

◆◆メールマガジンのお知らせ◆◆

50代後半から始めたメールマガジン。
無料レポートも
特典も
ランディングページもありません。

毎日、ちょっとした気づきを
発信しています。
よろしかったら
登録をお願いいたします。
登録ページのURLは
こちらに添付いたしました。
↓ ↓
http://yuuki2.com/l/u/Z4bGUPjaVPxU6Dk5
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆ ◆ note のお知らせ ◆ ◆

私のこれまでのnote は2020年9月22日までに
マガジンに全て移行させる予定です。

↓↓有料マガジン【自分のための人生】
https://note.com/tukuda/m/m5b66808db98c
全ての移行が終わった時に値上げいたします^^

PS.

PS.

今回の記事はいかかでしたか?

・「この記事、面白かったよ」

・「あの記事、あそこに誤字脱字があったよ」

・「今度、これを記事にしてほしい」

・「ウチの子(や、お孫さん)、こういうところが可愛くって!」

・「特に何もないのですが、メールを送る練習をしました(笑)」など

ほんの些細なことでも大丈夫です。

山田ゆりにメールください。(*^_^*)

 

お問い合わせはこちらから

ブログランキング

 

ボタンをクリックして応援していただけると励みになります(*^^*)

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする