note 自分が不利になる感覚

note の音声はこちらです。

今回は
自分が不利になる感覚
ということをお伝えいたします。
5分34秒の音声です。
音声と文章どちらでもお好きな方をどうぞ。

*************
メールマガジンの登録は
こちらから↓ ↓
http://yuuki2.com/l/u/Z4bGUPjaVPxU6Dk5

**文章はここからです***
私は愛されています。
大きな愛で包まれています。

三人の娘たちが愛おしい。
笑い声が絶えない我が家。

夫の急逝で私たち親子は
いろいろな壁にぶつかりながら
日々前進している感覚を
掴んでいます。

あなた、私たちは大丈夫。

ありがとう
あなた。

おはようございます。
山田ゆりです。

今回は、
=============
自分が不利になる感覚
=============
ということをお伝えいたします。

本当は他人が悪いのに
事の成り行きで
自分が悪者になってしまう

久しぶりにその感覚を味わった。

私は会社で事務をしている。
仕事の優先度として
「相手」が絡む仕事は
特に気を使っている。

特にその相手が他社の場合は
最善の注意を払っている。

その時もすぐに書類を作成し
相手にお渡ししようと連絡を取った。

先方は
「その件は、ちょっと待ってほしい。
社内で検討後、こちらから連絡します。」
と言われた。

だから相手からの連絡を待った。
しかし、数日しても連絡は来ない。

先方にどうなったかとお聞きしようか
久しぶりに迷った。

先方は会社の取引上、
格上の存在。
催促しているようで聞けない。

直属の上司に相談したら
相手と弊社との関係を気にして
「もう少し待ってみましょうか。」
とのこと。

それから数日後、
先方から連絡がきた。

「この件、もう少し待ってほしい。
こちらから連絡します。」とのこと。

ホッとした。
その旨を直属の上司に報告し
後は先方からの連絡を待った。

その後も連絡はなかったが
こちらから催促するのは
気が引けたので待ち続けた。

しかし、あれから数週間経っても
連絡が来なかった。

とうとう、月が変わってしまい、
さすがに私はモヤモヤしてきた。

これはまずい。
先方が「待ってくれ」と言ったから
待っていたが
これほどの日数が経ってしまい

途中、催促すべきだったのではないか。
その事を私は怠ってしまったカタチに
なってしまったのではないか。

先方が「待って」と言ったから
待っているのだが

それを待ちすぎた私にも
責任があるのではないか。

この件が滞っている理由は
当初は先方にあった。

しかし、時の経過とともに
私もその原因に入ってしまった。

自分に非がないのに
巻き込まれてしまった。

私は数日間悩んだ末に
部門のトップに相談した。

その上司からは
お叱りを受けると覚悟していた。

しかし、上司は
「話は分かった。
こちら側はやる事はやっているのだから
連絡をくれない先方が悪いだけだ。

ゆりさんには何も非がない。大丈夫だ。」
とおっしゃってくださり、
先方に連絡をして下さった。

そして、まだ先方の答えが出ていない状態だ
という事が分かった。

ずっとモヤモヤしていたことが
晴れた。

心配が無くなったら
不思議に全ての事が
良い方に回っていった。

私は、今回の件について
自分にも落ち度があるのではないか
と心配していた。

しかし、部門のトップは
こちらに非はないと
はっきりおっしゃってくださった。

その上司はいつも良い方に考えている方だ。

ものは考えようだと思った。

悪い方に考えると
悪いことが起こる。

良い方に考えればなぜか好転する。

久しぶりに
自分が不利になる感覚を味わい、

同じ現象でも
ネガティブにとらえるか
ポジティブにとらえるか

考え方一つで大きく変わると感じた。

今回は
=============
自分が不利になる感覚
=============
ということをお伝えいたしました。

本日も最後までお聴きくださり
ありがとうございました。

ちょっとした勇気が世界を変えます。
今日も素敵な一日にしましょう。

山田ゆりでした。

*************
50代後半の私ですが
メールマガジンを始めました。

無料レポートも
特典も
ランディングページもありません。

毎日、ちょっとした気づきを
発信しています。

よろしかったら
登録をお願いいたします。

登録ページのURLは
こちらに添付いたしました。
↓ ↓
http://yuuki2.com/l/u/Z4bGUPjaVPxU6Dk5

***********

PS.

PS.

今回の記事はいかかでしたか?

・「この記事、面白かったよ」

・「あの記事、あそこに誤字脱字があったよ」

・「今度、これを記事にしてほしい」

・「ウチの子(や、お孫さん)、こういうところが可愛くって!」

・「特に何もないのですが、メールを送る練習をしました(笑)」など

ほんの些細なことでも大丈夫です。

山田ゆりにメールください。(*^_^*)

 

お問い合わせはこちらから

ブログランキング

 

ボタンをクリックして応援していただけると励みになります(*^^*)

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする