note 通夜の席での娘の世界

note の音声はこちらになります。

今回は
通夜の席での娘の世界
ということをお伝えいたします。
2分43秒の音声です。
音声と文章どちらでもお好きな方をどうぞ。

*************
メールマガジンの登録は
こちらから↓ ↓
http://yuuki2.com/l/u/Z4bGUPjaVPxU6Dk5

**文章はここからです***
おはようございます。
山田ゆりです。
今回は、
通夜の席での娘の世界
ということをお伝えいたします。

かけがえのない人
夫の通夜の席。

通夜が始まる前から終わりまで
ずっと泣いていた娘。

妻であり喪主である私が
泣いていないのが申し訳ないくらい
娘ははらはらと泣き続けていた。

そんな娘の目に
自分の父の通夜は
どのように映っていたのか。

これ以降は通夜の時の
娘の世界である。

**ここからは娘の世界***

ご会葬者がこちらに近づいてくる。
私たち親族は起立して
会釈をする。

ご焼香が終わって
こちらを向いたときにも
会釈をする。

これを何回も繰り返す。

「わざわざお越しくださり、
ありがとうございます」
という感謝の気持ちで
会葬者に会釈する。

私は父のあまりにも突然の死を
受け入れることができない。
そして、まだ受け入れたくない。

しかし、頭を下げる行為は
「父が亡くなった」という現実を
容認すること。

「父の死をまだ受け入れたくない」
そんな自分の気持ちを優先したいのに

頭を下げるという現実は
容赦なく私の気持ちを踏みにじる。

自分の気持ちは自分で決める。
今までそうしてきた。

なのに、なぜ今は
それができない。

現実が
私を追い立てる。

それが悔しくて
悲しくて涙が止まらない。

**ここまでが娘の世界***

今回は
通夜の席での娘の世界
ということをお伝えいたしました。

50代後半の私ですが
メールマガジンを始めました。

無料レポートも
特典も
ランディングページもありません。

毎日、
ちょっとした気づきを
発信しています。

よろしかったら
登録をお願いいたします。

登録ページのURLは
こちらに添付いたしました。
↓ ↓
http://yuuki2.com/l/u/Z4bGUPjaVPxU6Dk5

本日も最後までお聴きくださり
ありがとうございました。

ちょっとした勇気が世界を変えます。
今日も素敵な一日にしましょう。

山田ゆりでした。

PS.

PS.

今回の記事はいかかでしたか?

・「この記事、面白かったよ」

・「あの記事、あそこに誤字脱字があったよ」

・「今度、これを記事にしてほしい」

・「ウチの子(や、お孫さん)、こういうところが可愛くって!」

・「特に何もないのですが、メールを送る練習をしました(笑)」など

ほんの些細なことでも大丈夫です。

山田ゆりにメールください。(*^_^*)

 

お問い合わせはこちらから

ブログランキング

 

ボタンをクリックして応援していただけると励みになります(*^^*)

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする