note コメントをいただき『クジラの彼』を読みました^^

今回は3分45秒の音声で、
コメントをいただき『クジラの彼』を読みました^^
ということをお伝えいたします。
音声と文章どちらでもお好きな方をどうぞ。

音声と文章、どちらも楽しみたい方はこちら

こちらのnoteで音声と文章を楽しめます(*´▽`*)

note は、その作品が気に入った時、
「💛(スキ)」を押してクリエーターを応援することが出来ます。

また、コメントを入力することも出来ます。

文章のみを楽しみたい方はこちら

**文章はここからです***
私は愛されています。
大きな愛で包まれています。

失敗しても
ご迷惑をお掛けしても
どんな時でも愛されています。

私は落ち込むことがしょっちゅうです。
人をねたむ時もあります。
いつも意気地なしです。

でもそれが私。
私は私の全てを受容します。

夫の急逝で私たち親子は
いろいろな壁にぶつかりながら
日々成長しています。

3人の娘たちが愛おしい。
あなた、私たちは大丈夫。

ありがとう
あなた。

おはようございます。
山田ゆりです。

今回は、
=============
コメントをいただき『クジラの彼』を読みました^^
=============
ということをお伝えいたします。

以前の私のnote
【傷ついたからだに更にナイフを刺す行為】
https://note.com/tukuda/n/n1c5e690b14b9

に対して、ミツヒロさん
https://note.com/11103004mから

++++++++++++
最近読んだ、クジラの彼って短編おもいだしました。
主人公がものわかり良すぎて、めんどくさいことに( ´⊇`)
++++++++++++

というありがたいコメントをいただき、
早速、『クジラの彼』を読んでみた。

久しぶりに会った彼は
新幹線に乗って帰っていく。

バブル時代に流行った遠距離恋愛のCMを思い出される。

有川 浩(ひろ)著『クジラの彼』は
その遠距離恋愛以上の困難ともどかしさがある。

彼は職務上、電話が通じない遠方に長期間出かける。
いつ帰って来るかも、どんなところに行くかも、
守秘義務のため家族であっても知らせることはできない。

そんな彼を思う女性の機微が描かれている。

もしもこれを実写化するとしたら
彼の役は木村拓哉さんが一番かなと思いながら読み進めた。

職場のセクハラ&パワハラが日増しに強くなり、
なかなか会えない彼への複雑な思いも重なり、
クライマックスに向かう。

彼との久しぶりの再会は劇的なはずなのに、
ある理由でとても笑えた。

爽やかな後読感のある短編小説でした。

ミツヒロさん、素敵な作品を教えてくださり、
ありがとうございます^^

次の作品『ロールアウト』も
独特な世界でのトイレ事情が書かれている。

本来、製品は、制作を依頼する側の立場に立って作るものだが、
時として、作る側の都合に合わせて作っていないか。

これは、ものを作ることだけではなく、
あらゆることにも通じることだと思う。

コメントをいただいたおかげで
読んだことのない本を読む機会をいただきました。

note さん、ミツヒロさん、皆さま、
ありがとうございます。

今回は
============
コメントをいただき『クジラの彼』を読みました^^
============
ということをお伝えいたしました。

本日も、最後までお聴きくださり
ありがとうございました。

ちょっとした勇気が世界を変えます。
今日も素敵な一日にしましょう。

山田ゆりでした。

◆◆メールマガジンのお知らせ◆◆

50代後半から始めたメールマガジン。
無料レポートも
特典も
ランディングページもありません。

毎日、ちょっとした気づきを
発信しています。
よろしかったら
登録をお願いいたします。
登録ページのURLは
こちらに添付いたしました。
↓ ↓
http://yuuki2.com/l/u/Z4bGUPjaVPxU6Dk5
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆ ◆ note のお知らせ ◆ ◆

私のこれまでのnote は2020年9月22日までに
マガジンに全て移行させる予定です。

↓↓有料マガジン【自分のための人生】
https://note.com/tukuda/m/m5b66808db98c
全ての移行が終わった時に値上げいたします^^

PS.

PS.

今回の記事はいかかでしたか?

・「この記事、面白かったよ」

・「あの記事、あそこに誤字脱字があったよ」

・「今度、これを記事にしてほしい」

・「ウチの子(や、お孫さん)、こういうところが可愛くって!」

・「特に何もないのですが、メールを送る練習をしました(笑)」など

ほんの些細なことでも大丈夫です。

山田ゆりにメールください。(*^_^*)

 

お問い合わせはこちらから

ブログランキング

 

ボタンをクリックして応援していただけると励みになります(*^^*)

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする