note 仕事を任せる相乗効果

note のURLはこちらです。

今回は
仕事を任せる相乗効果
ということをお伝えいたします。
5分29秒の音声です。
音声と文章どちらでもお好きな方をどうぞ。

*************
メールマガジンの登録は
こちらから↓ ↓
http://yuuki2.com/l/u/Z4bGUPjaVPxU6Dk5

**文章はここからです***
私は愛されています。
大きな愛で包まれています。

失敗しても
ご迷惑をお掛けしても
どんな時でも愛されています。

私は落ち込むことがしょっちゅうです。
人をねたむ時もあります。
いつも意気地なしです。

良い時も悪い時も。
でもそれが私。

私は私のすべてを受容します。
私は自分が大好きです。

夫の急逝で私たち親子は
いろいろな壁にぶつかりながら
日々成長しています。

3人の娘たちが愛おしい。
あなた、私たちは大丈夫。

ありがとう
あなた。

おはようございます。
山田ゆりです。

今回は、
=============
仕事を任せる相乗効果
=============
ということをお伝えいたします。

会社の同僚の彼女が入院して
手術をうけなければいけない事になった。

入院・療養のおよそ2週間
私たちが彼女の仕事のフォローをする。

その件で彼女が検査で休んだ日に
皆で話し合った。

彼女は私たち本社事務の要の一人。
たくさんの仕事を受け持っている。
私たちがどこまでを受け持てるかは分からない。

しかし、会社が滞りなく回るように
皆で仕事を分担して切り抜けよう
ということで話し合いは終わった。

検査の翌日、彼女が出勤し、状況を聞いた。

社長が出社され、すぐに
専務、所長、事務係の直属の上長、
そうそうたるメンバーが
社長室へ入っていった。

社長へ報告し、
これからの方針などを提案し
社長からのご意見をお聞きするためだ。

本社の要である彼女が入院することは
私たちにはとても痛手だ。

特に、3月決算にむけて
これから忙しくなる時期
彼女が抜けるのはとても残念。

しかし、彼女がいない期間
残ったみんなで一致団結して
乗り越えようとしている今のみんなの気持ちが
とても良い影響を与えている。

振り返れば私は
今の会社に入ってから
父、独り身の伯母、母、夫

4人の大切な家族を見送った。
つまり、4回も葬儀のために会社を休んだ。

その他に、突発性難聴で入院もした。
きっと、私が一番、
皆様からフォローされてきたと思う。

彼女がいない間、
彼女の仕事を私たちが分担する。

日常の仕事の他にそれをするから
私たちの時間管理が問われる。
だから、私たちにとっては良い機会だ。

そして、私たちの他に、
彼女にとっても良い機会だ。
彼女は今まで入院したことはない。

そして、有休休暇もほとんどとったことはない。

中小企業は、何かないと有休を取りづらい風潮がある。

長期間、自分が休んでいる時に
他の人が自分の仕事をしてくださる。

自分の仕事を任せるという事は
何を任せるのかを自分が決めること。

決めるためには自分の仕事の棚卸が必要。
本当に要るものとそれほどでもないもの。

人に仕事を任せるということを
私は何度も経験してきた。

だから、長期間休む前に
何をどの位お任せするのか
自分の仕事の棚卸をすることになる。
私はこれまで何度もそれを経験してきた。

長期間休むことがなければ
今日と同じ明日がやって来る。
大概の人は、そんな安易な気持ちでいる。

今回の彼女の入院は
彼女にとっても、周りの私たちにとっても
とても良い機会だと思う。

できる限りのことをして
会社がいつも通りに動くように
自分もお力添えする。

今回は、
=============
仕事を任せる相乗効果
=============
ということをお伝えいたしました。

本日も、最後までお聴きくださり
ありがとうございました。

ちょっとした勇気が世界を変えます。
今日も素敵な一日にしましょう。

山田ゆりでした。

*************
50代後半の私ですが
メールマガジンを始めました。

無料レポートも
特典も
ランディングページもありません。

毎日、ちょっとした気づきを
発信しています。

よろしかったら
登録をお願いいたします。

登録ページのURLは
こちらに添付いたしました。
↓ ↓
http://yuuki2.com/l/u/Z4bGUPjaVPxU6Dk5

****************
私のnote 有料マガジン「自分のための人生」
↓こちらもぜひ、お聴きください。
https://note.com/tukuda/m/m5b66808db98c
*****************

PS.

PS.

今回の記事はいかかでしたか?

・「この記事、面白かったよ」

・「あの記事、あそこに誤字脱字があったよ」

・「今度、これを記事にしてほしい」

・「ウチの子(や、お孫さん)、こういうところが可愛くって!」

・「特に何もないのですが、メールを送る練習をしました(笑)」など

ほんの些細なことでも大丈夫です。

山田ゆりにメールください。(*^_^*)

 

お問い合わせはこちらから

ブログランキング

 

ボタンをクリックして応援していただけると励みになります(*^^*)

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする