note 時には塩対応も必要

note の音声はこちらです。

今回は
時には塩対応も必要
ということをお伝えいたします。
4分42秒の音声です。
音声と文章どちらでもお好きな方をどうぞ。

*************
メールマガジンの登録は
こちらから↓ ↓
http://yuuki2.com/l/u/Z4bGUPjaVPxU6Dk5

**文章はここからです***
私は愛されています。
大きな愛で包まれています。

三人の娘たちが愛おしい。
笑い声が絶えない我が家。

お会いしたことのない
あなたの言葉で
私は救われています。

そして、私の言葉が
誰かのお役に立てると信じています。

おはようございます。
山田ゆりです。
今回は、
=============
時には塩対応も必要
=============
ということをお伝えいたします。

「塩対応」
最近、私の中でときめいた言葉です。

事務係としては
不要な電話を社長に取りつがないことも
立派なスキルです。

会社に不必要と判断した電話は
やんわりとお断りをしています。

しかし、先日、
とても強引な電話がありました。

とても有名な会社で
相手と弊社の力関係が分からず
どうしようかと思っているうちに

結局、明日、
会社の近くに出向く用があり、
ついでに寄らせてもらい、
書類をお渡ししたいと言われました。

「書類を受け取るだけ」と
私は念を押して電話を切りました。

すぐに話の一部始終を
私の直属の上司に報告しました。

彼女は40代の二児のママ。
私の子ども位の年齢ですが
とても頼りになる人です。

話を聞いた彼女は
相手の態度にとても憤慨し

「塩対応でお願いします。」と
指示をくださいました。

この「塩対応」って言葉に
私、ときめいてしまいました。

仕事ではなかなか、「塩対応」って
正直、できません。

でも、上司から
「塩対応で」と指示がでました。

面白そう!

そして、思い切ってやってみました。

通常、来客があると
応接スペースにお通しします。

しかし、今回は
受付カウンターで立ち話にしました。

立ち話で済ませる
その雰囲気を相手に分かってもらう
作戦です。

書類はお預かりして
社長には渡します

必要であればこちらから
ご連絡いたします、
という態度を貫きました。

こんな厳しい対応を
私は、普段、やったことがありません。
いつも、いい人を演じてしまいます。

だから、申し訳ないという
気持ちが出てきて
その気持ちに
負けそうになりましたが

おなかに力を入れて
グッと耐えました。

何とか今回は「塩対応」
できたようです。

私の上司は
相手が年上でも
ダメな事はダメ
とはっきり言える人です。
そんな彼女を私は
尊敬しています。

また、物事の良し悪しを
直感的に判断でき
彼女の判断に間違いはありません。

飴と鞭をうまく使いこなす
私の上司は凄い。

頼めば何でもやってくれた夫が急逝し
突然、私が世帯主になりました。
これからは私が
しっかりしなければいけない。

いい顔だけではいけない。
時には「悪役」にもならなければ。

だから、家庭においても
もし、私たち家族を
脅かすものがいれば
その時は「塩対応」で
かわさなければいけない。

その意味で今回は
良い練習になりました。

今回は
=============
時には塩対応も必要
=============
ということをお伝えいたしました。

本日も最後までお聴きくださり
ありがとうございました。

ちょっとした勇気が世界を変えます。
今日も素敵な一日にしましょう。

山田ゆりでした。

*************
50代後半の私ですが
メールマガジンを始めました。

無料レポートも
特典も
ランディングページもありません。

毎日、ちょっとした気づきを
発信しています。

よろしかったら
登録をお願いいたします。

登録ページのURLは
こちらに添付いたしました。
↓ ↓
http://yuuki2.com/l/u/Z4bGUPjaVPxU6Dk5

PS.

PS.

今回の記事はいかかでしたか?

・「この記事、面白かったよ」

・「あの記事、あそこに誤字脱字があったよ」

・「今度、これを記事にしてほしい」

・「ウチの子(や、お孫さん)、こういうところが可愛くって!」

・「特に何もないのですが、メールを送る練習をしました(笑)」など

ほんの些細なことでも大丈夫です。

山田ゆりにメールください。(*^_^*)

 

お問い合わせはこちらから

ブログランキング

 

ボタンをクリックして応援していただけると励みになります(*^^*)

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする