note 重い腰を上げるには宣言すればよい

note のURLはこちらです。

今回は
重い腰を上げるには宣言すればよい
ということをお伝えいたします。
4分36秒の音声です。
音声と文章どちらでもお好きな方をどうぞ。

*************
メールマガジンの登録は
こちらから↓ ↓
http://yuuki2.com/l/u/Z4bGUPjaVPxU6Dk5

**文章はここからです***
私は愛されています。
大きな愛で包まれています。

失敗しても
ご迷惑をお掛けしても
どんな時でも愛されています。

私は落ち込むことがしょっちゅうです。
人をねたむ時もあります。
いつも意気地なしです。

良い時も悪い時も。
でもそれが私。

私は私のすべてを受容します。
私は自分が大好きです。

夫の急逝で私たち親子は
いろいろな壁にぶつかりながら
日々成長しています。

3人の娘たちが愛おしい。
あなた、私たちは大丈夫。

ありがとう
あなた。

おはようございます。
山田ゆりです。

今回は、
=============
重い腰を上げるには宣言すればよい
=============
ということをお伝えいたします。

まず、最初に申し上げます。
今回のお話は
結婚を肯定している事ではありません。

娘といつもの長電話。

娘が言う。
「あと2、3年で結婚するから」と
職場のみんなに言っているとのこと。

結婚相手もいないのに
なぜ、娘はみんなに言っているのか?

それは娘にとって
「結婚」自体、現実味を帯びていない。

だからまだ結婚したいとは思わない。
相手もいない。

でも、いつかは結婚した方がよい。
いろいろ考えたら
結婚はあと3年位までにした方がよいと娘は考えた。

人は、必要に迫られないと行動しない。
だから娘は、自分の脳に言いきかせるためにも、
そして、周りからもあと3年位で結婚する人と
認識してもらうために
自らそう、宣言しているとのこと。

これを筋トレに言葉を置き換えてみます。

自分にとって
筋トレはした方がよいと分かっているが
今一つ、重い腰が上がらない。

そういう時、どうすれば成功するか?
ポイントは3つ。

◆1.宣言する
自分が筋トレしようとしていることを
周りに話す。宣言する。

言ってしまえば、
やらない自分がカッコ悪いから
強制的にやらざる負えなくなる。

つまり、何かをしようとしたら
宣言すればやりやすい。

言葉に出して宣言することで
周りの人は、
自分は筋トレをしようとしている人と認識してくれます。

そして、自分の声で言ったから
その声を聴いた脳が
「そうか!筋トレをするんだな」と
思い込む。

筋トレの意識があるから
忘れにくい。
周りが知っていて
自分の脳も知っている。
言ってしまったことをやらないのは
カッコ悪い。

だから面倒くさくてもついやっている。

◆2.宣言する人はカッコイイ

また、自分がやろうとしていることを
宣言することは普通はやりたくてもできない。
言ってしまえばやらないと行けなくなり
逃げ場がなくなる。

有言実行はとても勇気が要ること。

だから宣言する人は稀。

つまり宣言する人は
カッコいいと憧れる。

◆3.途中経過を逐一公開する

人は結果ではなく、
そこまでに辿りつくドラマに感動するから
やっている途中経過を公開するとよい。

今回は、
=============
重い腰を上げるには宣言すればよい
=============
ということをお伝えいたしました。

本日も、最後までお聴きくださり
ありがとうございました。

ちょっとした勇気が世界を変えます。
今日も素敵な一日にしましょう。

山田ゆりでした。

*************
50代後半の私ですが
メールマガジンを始めました。

無料レポートも
特典も
ランディングページもありません。

毎日、ちょっとした気づきを
発信しています。

よろしかったら
登録をお願いいたします。

登録ページのURLは
こちらに添付いたしました。
↓ ↓
http://yuuki2.com/l/u/Z4bGUPjaVPxU6Dk5

PS.

PS.

今回の記事はいかかでしたか?

・「この記事、面白かったよ」

・「あの記事、あそこに誤字脱字があったよ」

・「今度、これを記事にしてほしい」

・「ウチの子(や、お孫さん)、こういうところが可愛くって!」

・「特に何もないのですが、メールを送る練習をしました(笑)」など

ほんの些細なことでも大丈夫です。

山田ゆりにメールください。(*^_^*)

 

お問い合わせはこちらから

ブログランキング

 

ボタンをクリックして応援していただけると励みになります(*^^*)

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする