note 敵対するものとも共生する

note の音声はこちらです。

今回は
敵対するものとも共生する
ということをお伝えいたします。
3分44秒の音声です。
音声と文章どちらでもお好きな方をどうぞ。

*************
メールマガジンの登録は
こちらから↓ ↓
http://yuuki2.com/l/u/Z4bGUPjaVPxU6Dk5

**文章はここからです***
おはようございます。
山田ゆりです。

今回は、
=============
敵対するものとも共生する
=============
ということをお伝えいたします。

インフルエンザの予防接種をしました。
成人では1回の接種で
2週間してから血液の中の
抗体の量が増え始めるそうです。

ウイルスが体に入ってくると
免疫系が反応して
抗体の量はさらに増え
結果、ワクチンの効果がもっと
長く続く可能性があります。

ウイルスや菌と共生する。

次は
アンパンマンでお馴染みの
やなせたかしさんのお言葉です。

**ここから****
バイキンは食品の敵ではあるけれど
アンパンをつくるパンだって
菌がないとつくれない。
助けられている面もあるのです。

つまり、
敵だけれど味方
味方だけれど敵。
善と悪とはいつだって
戦いながら共生しているということです。
**ここまで****

人間にとって、バイキンが絶滅すれば
いいような気がしますが、
実は無菌では人間は生きていけません。

健康な人は、
バイキンと戦いながら
ちょうどよいあんばいで
良いバランスを保ちながら生きています。

これは人間関係にも言える事です。

自分に合った、
優しい人ばかりが周りにいれば
それで良いかというと
必ずしもそうではありません。

例えば会社でのこと。

上司がいる時は
ピンと張りつめた空気の中で
仕事をしています。

その上司が出かけると
部屋の空気が突然、緩みます。

少しの間、
コーヒーブレイク位ならいいのですが
度が過ぎると、緩みすぎて
仕事からかなり脱線した雰囲気になります。

そして、上司がお戻りになると
一瞬で元の空気に戻ります。

上司がお戻りになると
ドロドロに淀んでいた空気が
一瞬で清々しくなります。

そんな時、やっぱり
上司の存在は大きいと実感します。

このように、
自分とはあまり馴染まないと思う方と
共生することは必要です。

敵対するものとも
うまく共生していく。

人間にはそういう
すばらしい知恵があります。

今回は
=============
敵対するものとも共生する
=============
ということをお伝えいたしました。

50代後半の私ですが
メールマガジンを始めました。

無料レポートも
特典も
ランディングページもありません。

毎日、
ちょっとした気づきを
発信しています。

よろしかったら
登録をお願いいたします。

登録ページのURLは
こちらに添付いたしました。
↓ ↓
http://yuuki2.com/l/u/Z4bGUPjaVPxU6Dk5

本日も最後までお聴きくださり
ありがとうございました。

ちょっとした勇気が世界を変えます。
今日も素敵な一日にしましょう。

山田ゆりでした。

PS.

PS.

今回の記事はいかかでしたか?

・「この記事、面白かったよ」

・「あの記事、あそこに誤字脱字があったよ」

・「今度、これを記事にしてほしい」

・「ウチの子(や、お孫さん)、こういうところが可愛くって!」

・「特に何もないのですが、メールを送る練習をしました(笑)」など

ほんの些細なことでも大丈夫です。

山田ゆりにメールください。(*^_^*)

 

お問い合わせはこちらから

ブログランキング

 

ボタンをクリックして応援していただけると励みになります(*^^*)

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする