note 人生に満ち足りなさを感じる理由は

Pavel-Jurca / Pixabay

今回は3分42秒の音声で、
人生に満ち足りなさを感じる理由は
ということをお伝えいたします。
音声と文章どちらでもお好きな方をどうぞ。

音声と文章、どちらも楽しみたい方はこちら

こちらのnote で音声と文章を楽しめます(*´▽`*)

note は、その作品が気に入った時、
「💛(スキ)」を押してクリエーターを応援することが出来ます。

また、コメントを入力することも出来ます。

文章のみを楽しみたい方はこちら

**文章はここからです***
私は愛されています。
大きな愛で包まれています。

失敗しても
ご迷惑をお掛けしても
どんな時でも愛されています。

私は落ち込むことがしょっちゅうです。
人をねたむ時もあります。
いつも意気地なしです。

でもそれが私。
私は自分が大好きです。

夫の急逝で私たち親子は
いろいろな壁にぶつかりながら
日々成長しています。

3人の娘たちが愛おしい。
あなた、私たちは大丈夫。

ありがとう
あなた。

おはようございます。
山田ゆりです。

今回は、
=============
人生に満ち足りなさを感じる理由は
=============
ということをお伝えいたします。

「マミーおはよう。」
娘が起きてきた。
なんと目の下にくまがある。

「どうしたの?」
「うーん。なかなか寝付かれなくて寝不足。」

ふと、思った。
私は朝の目覚めはいつも快適だ。
寝不足な日でも、目覚めは良い。

それはなぜか?

「あー、良く寝た!」。
これは私が起きた時の第一声。
大きな声で毎朝言っている。

アファメーションという言葉を知る
十年以上前から毎朝欠かさずしている。

あるラジオ番組で
お気に入りのアナウンサーの方が、
毎朝これをしているとおっしゃっていたので
真似をした。

最初は意識して言っていたが
今では当たり前に、感じる前に言葉が出てくる。

「良く寝た」という自分の言葉を自分の耳で聞いて
ああ、自分はたっぷりな睡眠をしたんだ、
気分がいいなと脳がだまされるらしい。
すると、気分が軽くなる。
自分で自分を洗脳しているのかもしれない。

だから、私は不快な目覚めは
いつあったか忘れるくらいない。

「あー、良く寝た」のひと言で自分を洗脳できる、
それくらい自分は健康体なのだと思う。

もしも、肩が痛い時、出会った人みんなに
肩が痛いと言っていたら、
「自分は病人だ」という気分になる。

でも、ちょっとくらい肩が痛くても
「自分は健康だ」と言えば
だんだんその気になって
健康的な振る舞いをする。

私たちが生きていく上で
人生のエネルギーをどう使うか。
負の感情にエネルギーを注げば、
満ち足りない人生を感じるだろう。

人生に満ち足りなさを感じている理由は
人生のエネルギーを
間違った方に使っているのかもしれない。

今回は
============
人生に満ち足りなさを感じる理由は
============
ということをお伝えいたしました。

本日も、最後までお聴きくださり
ありがとうございました。

ちょっとした勇気が世界を変えます。
今日も素敵な一日にしましょう。

山田ゆりでした。

◆◆メールマガジンのお知らせ◆◆
私は50代後半から
メールマガジンを始めました。

無料レポートも
特典も
ランディングページもありません。

毎日、ちょっとした気づきを
発信しています。

よろしかったら
登録をお願いいたします。

登録ページのURLは
こちらに添付いたしました。
↓ ↓
http://yuuki2.com/l/u/Z4bGUPjaVPxU6Dk5
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆note 有料マガジンのお知らせ◆◆
私のこれまでのnote は近い将来、
有料マガジンに全て移行させようと思います。
↓↓有料マガジン【自分のための人生】
https://note.com/tukuda/m/m5b66808db98c
【自分のための人生】は今だけの金額。
2020年9月22日に値上げいたします。

PS.

PS.

今回の記事はいかかでしたか?

・「この記事、面白かったよ」

・「あの記事、あそこに誤字脱字があったよ」

・「今度、これを記事にしてほしい」

・「ウチの子(や、お孫さん)、こういうところが可愛くって!」

・「特に何もないのですが、メールを送る練習をしました(笑)」など

ほんの些細なことでも大丈夫です。

山田ゆりにメールください。(*^_^*)

 

お問い合わせはこちらから

ブログランキング

 

ボタンをクリックして応援していただけると励みになります(*^^*)

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする