note 人を育てるとは

note の音声はこちらです。

今回は
人を育てるとは
ということをお伝えいたします。
3分10秒の音声です。
音声と文章どちらでもお好きな方をどうぞ。

*************
メールマガジンの登録は
こちらから↓ ↓
http://yuuki2.com/l/u/Z4bGUPjaVPxU6Dk5

**文章はここからです***
私は愛されています。
大きな愛で包まれています。

夫の急逝で私たち親子は
いろいろな壁にぶつかりながら
日々前進しています。

3人の娘たちが愛おしい。

ひと様からのご恩を
大切にしながら
2020年も
新しいことに挑戦します。

あなた、私たちは大丈夫。

ありがとう
あなた。

おはようございます。
山田ゆりです。

今回は、
=============
人を育てるとは
=============
ということをお伝えいたします。

福島正伸さんのお言葉****
育てるとは
信じ続けること

一生涯つき合うつもりで
信じ続ける気持ちが伝わったとき
相手はこちらの話を聞き始める

人は自分を受け入れてくれる人の話しか聞かない

人を育てるとは
どこまで、相手を
受け入れることができるかという
こちらの覚悟が問われるもの

相手が話しを聞かないとき
それでも相手を受け入れることができるかどうか
それは自分が試されているとき
***ここまで***

私はこの言葉を信じて
実践されていらっしゃる方から
教えを乞う。

その内容は
〇〇を使ったら稼げる
そんな事ではなく

その方の経験から培われた方法で
怖くて出来ない自分に
自信を与えてくださる。

自己肯定感ゼロの私を
1へ引き上げてくださる。

10から100にするのは
ある意味簡単だが

ゼロから1は一番大変な事。

冬ごもりして
なかなか出てこないクマを
たくさんの暖かいことばのシャワーで

「もう外に出てもいいかな?」と
思い起こさせて下さる。

育てることが
相手を信じ続けることなら

育てられているこちらも
相手を信じ続けている。

こちらも相手を
どこまで受け入れられるか
私も試されている。

教える、教わるは
お互いが成長していく「あり方」。

師弟の関係を超えた
人としてのあり方。

本日は
=============
人を育てるとは
=============
ということをお伝えいたしました。

本日も、最後までお聴きくださり
ありがとうございました。

ちょっとした勇気が世界を変えます。
今日も素敵な一日にしましょう。

山田ゆりでした。

*************
50代後半の私ですが
メールマガジンを始めました。

無料レポートも
特典も
ランディングページもありません。

毎日、ちょっとした気づきを
発信しています。

よろしかったら
登録をお願いいたします。

登録ページのURLは
こちらに添付いたしました。
↓ ↓
http://yuuki2.com/l/u/Z4bGUPjaVPxU6Dk5

PS.

PS.

今回の記事はいかかでしたか?

・「この記事、面白かったよ」

・「あの記事、あそこに誤字脱字があったよ」

・「今度、これを記事にしてほしい」

・「ウチの子(や、お孫さん)、こういうところが可愛くって!」

・「特に何もないのですが、メールを送る練習をしました(笑)」など

ほんの些細なことでも大丈夫です。

山田ゆりにメールください。(*^_^*)

 

お問い合わせはこちらから

ブログランキング

 

ボタンをクリックして応援していただけると励みになります(*^^*)

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする